• 高崎の工務店に依頼する基礎構造

    高崎の工務店に住宅を依頼する場合は、基礎構造が大切です。


    建物の基礎は、建物の重さを地盤に伝える大切な役割を担っています。

    基礎は建物本体よりも、重要と言えます。



    2階建て住宅の基礎には、布基礎とべた基礎があります。
    布基礎はフーチングを連続させて基礎をつくるもので、壁の下に設置されます。



    それに対してべた基礎は、建物の全面に基礎をつくる方法です。
    べた基礎は不動沈下に強く、布基礎よりも丈夫な構造です。



    高崎の工務店では、べた基礎を中心とした施工がなされ、布基礎は部分的に用いられます。


    べた基礎も、鉄筋の入り方によって強度が異なります。


    太い鉄筋が狭いピッチで入っているほど丈夫です。
    基礎には立ち上がり部分があります。

    立ち上がり部分の最上部に土台が載せられます。

    土台は基礎の立ち上がり部分と、アンカーボルトで固定されます。

    筋違いが設けられている柱の下には、ホールダウン金物が設けられる場合があります。

    ホールダウン金物は、通常のアンカーボルトよりも引き抜きに強く、強い応力が予想される部分に使用されます。単純にホールダウン金物が多いほど丈夫な建物とは言えませんが、近年の住宅は筋違いが多めに使われる傾向にあるため、ホールダウン金物の使用も増えています。


    基礎は、鉄筋の入り具合を検査した後、コンクリートが打ち込まれます。
    コンクリートが打ち込まれた後は、鉄筋の状態を確認することはできません。

    高崎の工務店は基礎を丁寧につくることで知られています。